歯肉縁下歯石

歯肉縁下歯石は通常、歯ぐきの下にできる歯石で、見ただけではほとんど発見することができないため、ポケットクローブによる触診や、レントゲンによる発見が必要になります。

この歯肉縁下歯石は、まさしく、歯槽膿漏(歯周病)の特徴である、症状がないままに、歯を悪化させ、歯がグラグラになって抜けてしまうおおきな原因の一つになります。

 

140422(15)ー 140422(10)ー

縁下歯石ー

 

 

 

関連記事

  1. 歯を抜かずに歯槽膿漏(歯周病)を治療する方法とは

  2. 1歯科衛生士7 OHI口腔清掃指導 ブリッジ用フロス補助具

  3. 1歯科衛生士 1歯ブラシによる摩耗

  4. 歯根破折の歯の治療ー続き(歯の根が割れた歯の治療ー即日インプ…

  5. 1歯科衛生士2 OHI口腔清掃指導 歯間ブラシ 重度骨吸収

  6. 歯槽膿漏(歯周病)とは?

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »