抜歯、歯根手術などの外科治療を回避するための根管治療

他の歯科医で歯の根の問題を指摘され、来院されました。

初診時の口腔内や、自覚症状はみられませんでしたが、レントゲン像、特にCT像で鼻腔直下まで大きくなりかけている歯根嚢胞が認められました。

このような場合、通常、抜歯による治療が適応になると考えられますが、歯を抜かずに残したい場合は、歯根嚢胞を摘出する手術が選択されます。

しかしながら、この状態の場合、歯根嚢胞の摘出術を行っても、ブリッジの中の虫歯が進行しすぎて、一本歯が抜けている場所と同じ状態になっており、少なくとも、前歯6本は近いうちに抜け落ちてしまうことが考えられます。

そのため、虫歯治療、根管治療、歯周病治療、レーザー治療、審美治療を併用して、歯を抜かずに、歯根嚢胞を治癒させ、さらに、前歯を審美的に健康に回復させる治療を行いました。

取り急ぎ、歯が抜けたままにならないようにしながら、基礎治療が勧めるよう仮歯を装着します。

そのあと、虫歯治療、根管治療、歯周病治療、レーザー治療を行います。

次のアポイントで、傷が回復したことを確認しながら、虫歯治療、根管治療、歯周病治療、レーザー治療を続けます。

次のアポイントでも、全体の回復を確認しながら、虫歯治療、根管治療、歯周病治療、レーザー治療を続けます。この時点で、差し歯の歯ぐきの黒ずみもほぼ消失し、きれいにピンク色に回復してきます。

根の内部の基礎治療をきちんと行いながら、虫歯治療、根管治療、歯周病治療、レーザー治療で歯を回復させます。

基礎治療がきちんと終えたところで、レーザーによる、歯周組織と、審美治療を行います。

最終の歯を入れる前に、CTで治癒の状態を確認します。

鼻(鼻腔)下の穴(歯根嚢胞)が消失し、骨が再生しました。

関連記事

  1. 部分歯列矯正、レーザー、歯を削らないセラミック治療による前歯…

  2. 3骨吸収と移植 F上顎洞底の吸収と骨移植術ー内部からのサイナ…

  3. CTによる歯性上顎洞炎の鑑別診断

  4. 根管治療(歯内療法、歯の神経、歯の根っこの治療)の再治療

  5. 乳歯に見る、本当の予防治療

  6. 歯列不正(不正咬合)の予測的判断と治療(虫歯予防、非抜歯矯正…

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »