抜かない親知らずの抜歯治療

160222(9)

右上(R側が右)の奥歯の痛みを感じて受診(定期検診)

160222(7)

親知らずの歯ぐきの腫れと、第二大臼歯の大きな虫歯

160222(8)

大きな虫歯の歯を治療せずに抜き、親知らずを抜かずにおいておくことで、親知らずが、新しい永久歯として生えてくるため、大きな虫歯の第二大臼歯を抜歯(このような治療はすべの場合に当てはまるも野ではなく、適切な診断が必要)

160222(10)

半年後の定期健診時のレントゲン

親知らずが、きれいに生え始めてきている

160222(6)

1年半後の定期健診時、完全にきれいな奥歯(第二大臼歯)として、生えそろった親知らず

160307(3)

同じく、左上の奥歯の痛みで来院

160307(4)

痛みの原因をきちんと判断し、同時に、将来的なことも考え、親知らずを抜かずに治療

160307(1)

定期年始時のレントゲン

抜かずにおいておいた親知らずが、新しい永久歯としてきれいに生えそろった

このような、親知らずの抜歯治療は、きちんとした検査と、術後のきちんとた定期検診が大切になります。

関連記事

  1. 転倒によるお口の怪我について

  2. 3骨吸収と移植 Aインプラントのための特殊なCytoplas…

  3. 抜歯によるお口の健康のための治療

  4. 歯を残すインプラントの治療

  5. 3骨吸収と移植 C上顎の骨増大術ーリッジスプリッティング メ…

  6. 歯科用CTと医科用CTの違いについて

カテゴリー

PAGE TOP