子供の歯の虫歯、抜歯と矯正治療

乳歯のひどい虫歯のために、抜歯が必要になっても、顎や歯並びの発育のことなども考えて、治療を進める必要があります。


スペースリテイナー(space retainer) スペースメインテナー(space maintainer)と呼ばれる乳歯の早期喪失による、歯並びの不正を予防するための小さな、簡単な装置をつかうことで、後々の大きな歯列不正の問題を予防できることがあります。

130401(3)

乳歯の虫歯による、歯の早期喪失による、顎の発育と、歯の生え換わりの調和への悪影響が、簡単な矯正装置で正常に保つことが可能になります。
子供さんへの負担もほとんど全くない良い治療方法の一つです。

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

関連記事

  1. 8 上顎の歯の偏位と3ユニットブリッジ

  2. マウスピース矯正について

  3. 2 第三大臼歯智歯と口腔外科 叢生の原因になっている智歯(親…

  4. 乳歯に見る、本当の予防治療

  5. 3骨吸収と移植 K矯正歯科的方法による骨増大ークラウンのため…

  6. 抜かない親知らずの抜歯治療

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »