抜歯治療について

なるべく、歯を抜きたくないという思いは、患者さんも歯科医師も共通の気持ちですが、抜歯をしない(抜歯を長引かせる)ことで起こるお口の健康のマイナスのこともよく考えて治療しなければいけないということがよくみられます。
歯科医療の目覚しい発達がみられる今日では、抜歯をしなければいけないようなときでも、インプラントのような技術でその場で再度歯を蘇らせる治療が可能な時代になっており、抜歯による歯の喪失や入れ歯の心配を避けることができるなどで、抜歯について適切な診断と治療をうけられる必要があると思います。

関連記事

  1. インプラント、親知らずの抜歯をしない、再生治療

  2. 3骨吸収と移植 Gリッジプリザベーションーリッジプリザベーシ…

  3. 16 叢生 抜歯と臼歯の近心移動

  4. 歯は抜かないほうがいい?

  5. 2 第三大臼歯智歯と口腔外科 合併症 上顎洞内に迷入した智歯…

  6. 3骨吸収と移植 A1歯の骨移植スクリューを支柱に用いた

カテゴリー

PAGE TOP