マウスピース矯正の種類と方法

マウスピース矯正には様々な方法、メーカー、名称があり、それぞれ、特徴や違いもあります。

現在、マウスピース矯正では、日本では、インビザライン(invisalign)あたりが、名前の認知度が高いと思いますが、アメリカをはじめ海外では、様々な会社が、それぞれ独自のシステムを持って治療ができるようにしています。

基本的な治療の概念は変わりませんが、矯正治療の料金(矯正治療の費用)や、期間、治療を進めていく方法に違いがあります。

下の写真のように、矯正治療の検査、診断、治療計画が終わり、マウスピースによる治療が決まれば、歯列矯正治療開始から、歯列矯正治療終了までのマウスピースキットが届きます。

それを、ステップ順に、ソフト、ミデアムソフト、ハード、の順番で、マウスピースを交換しながら、矯正治療を進めていきます。

関連記事

  1. 3骨吸収と移植 Gリッジプリザベーションーリッジプリザベーシ…

  2. 患者さんと歯科医にとっての良い治療とは

  3. 3骨吸収と移植 A1歯の骨移植スクリューを支柱に用いた

  4. 2 第三大臼歯智歯と口腔外科 叢生の原因になっている智歯(親…

  5. 2 第三大臼歯智歯と口腔外科 上顎の余剰の削除前頭面観

  6. 審美歯科と組み合わせて行う審美矯正

カテゴリー

PAGE TOP