根管治療による審美歯科治療(歯を抜かない治療1)

審美的で健康な審美歯科治療を行うには、目に見えない部分からのきちんとし治療が大切です。

130516(2)2

術前

審美的問題の前に、根管治療による、抜歯の回避と、歯とお口の健康の回復が必要になっていました。

130516(17)1

術後

審美的問題を改善しましたが、それ以上に大切な、歯とお口の健康の回復ができました。

130516(1)1

目に見えない部分の多くの問題を抱えています。

130516(7)1

術前

130516(18)1

術直後

130516(19)1

術後1年

130516(0)1

術後2年(根管治療の完治)

京都 北山吉川歯科クリニックの根管治療については、当クリニックの根管治療HPまたは、治療ブログのカテゴリーから根管治療を参照してください。

関連記事

  1. 審美歯科(黒ずんだ差し歯の治療)

  2. 良い根管治療の必要な条件(歯の土台)

  3. 3骨吸収と移植 A1歯の骨移植による歯槽堤の保存

  4. ガミースマイル、歯ぐきのメラニン色素除去、インプラント

  5. 3骨吸収と移植 AブリッジのためのCytoplastメンブレ…

  6. 歯科用レーザーについて

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »