インプラントによる入れ歯(義歯)の回避

失われた歯の欠損部分を回復するのにインプラントが選択されてきていることは最近の歯科治療の流れだといえますが、インプラントの治療を受けるタイミングや時期に関しては、歯を失ってからだけではなく、失う前に選択される治療にも変化してきています。
以前では、入れ歯になるのが時間も問題であったような状態でも、十分に回避することもできるようになってきました。


術前の口元


術前の口腔内


術前の上の歯


術前の下の歯


術後の口腔内

 

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。

関連記事

  1. 歯根破折している歯(ひびがいっている歯)を抜かずに治療する方…

  2. 3骨吸収と移植 K矯正歯科的方法による骨増大ー上顎中切歯の矯…

  3. 3骨吸収と移植 AブリッジのためのCytoplastメンブレ…

  4. 1 臼歯部インプラント メタルとセラミックの上部構造

  5. 歯の治療の寿命について

  6. 13 4歯の人工乳頭成長

カテゴリー

PAGE TOP