指しゃぶりとハンカチかみの歯並びの影響

指しゃぶりとハンカチかみなどの、歯や、顎の発育などのかみ合わせに大きく影響することがあり、歯科の観点から考えると、Bad Habit(悪習癖)ととらえられるものです。

この癖は、上顎前突(出っ歯)や開口(前歯が閉じない)などの原因と関係が深く、適切な時期になるべく、やめさせることで、不正咬合の自然治癒がみられたりします。

ただし、子供の、精神的バランスをとるための行動とも考えられ、適切に医師や、歯科医師と相談されることが望ましいと考えます。

 

京都 北山吉川歯科クリニック 矯正治療については、当クリニックの矯正HP、または治療ブログ矯正歯科(歯列矯正)を参照してください。

関連記事

  1. 骨年齢

  2. 乳歯期の受け口(反対咬合)の治療装置

  3. 歯列不正(不正咬合)の予測的判断と治療(虫歯予防、非抜歯矯正…

  4. 歯をなるべく削らない虫歯治療

  5. 年齢による拡大装置(顎を広げる装置)の選択

  6. 2 第三大臼歯智歯と口腔外科 叢生の原因になっている智歯(親…

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »