根管治療(Root canal treatment)による歯を抜かない治療とは

当クリニックでは、根管治療(Root canal treatment)と呼ばれる、歯の神経の治療により、歯を抜かずに残すことができます。

この治療は、一般的に歯科医院で行われている歯の神経の治療(根管治療、根幹治療ではない)とは違い、歯を抜かないと治らない歯の根の病気にかかった歯を抜かずに残すことができるものです。


術前レントゲン画像
矢印の先に歯の根の先の黒い円い影が見えます。
これが、歯根のう胞と呼ばれる病巣で、歯の抜歯とともに取り除かなくてはいけない病気になっています。


術後レントゲン写真(術後約1年後の定期検診時のレントゲン)
術前の影がなくなり歯の根の先の骨が再生、治癒しました。

アメリカではEndodontist(エンドドンティスト)と呼ばれる専門医が担当する難しい治療であり、アメリカ式の歯科治療を行っている当クリニックではこの専門医の治療方法で根管治療を行っています。
そのため、根管治療の費用はアメリカの専門医を同じ治療費が必要になりますが、自分の歯を残すための最も良い治療のひとつになります。

関連記事

  1. 根管治療と義歯(入れ歯)治療1

  2. 歯性上顎洞炎の治療とCTによる治療診断評価

  3. CTによる根管治療の精密検査

  4. 歯の神経を抜かないための予防治療(中心結節の保護)

  5. セラミック治療に伴う根管治療

  6. セラミッククラウンの再治療による審美歯科

カテゴリー

PAGE TOP